トップページ > 肋間神経痛の治療法 > 病院治療法(メディカル治療法)と肋間神経痛

病院治療法(メディカル治療法)と肋間神経痛

肋間神経痛の診断において、一番確実性があり、重大疾患を見分ける事ができるのは、病院検査(メディカル検査)です。
看護婦さん.bmp
まずは血液検査によって内臓の疾患がないか、胸膜炎や肺炎は無いか、レントゲン、 MRIで画像診断し、骨折や脱臼や外傷による血腫または椎間板ヘルニアを科学的に診断します。腫瘍などの組織はMRIによって診断できます。

内臓の異常の中には血液検査や画像診断でなお区別のつかない異常もあります。この異常が関連痛として胸部に出るともあります。痛みを治療してもなお繰り返す胸部の痛みは内臓から来ていることも有りますので注意が必要です。

症状は肋間神経痛でも色々な原因があるので、それを、しっかり診断して治療法を選択しなければなりません。中には重大な疾患が隠れていることもあります。

胸膜炎や肺炎は命に関わることもありますので十分注意が必要です。また腫瘍などが見つかれば速やかにその治療がなされなければなりません。その為にもしっかりとメディカルチェック(病院治療)が必要です。
ほーらごらん.bmp
メディカル(病院治療)において肋間神経痛に対する治療は、薬物療法、物理療法が主であり、場合によっては外科手術が行われます。また、痛みに対しては神経根ブロック注射などの対症療法も行われます。

簡単解説ドクター.bmp

肋間神経痛にはいくつかの原因があります。背骨の悪性腫瘍や、外傷後の血腫などの重大な疾患が原因で出現する肋間神経痛の場合、メディカル治療が優先されなければなりません。

まずは検査をしっかり行い、自分の肋間神経痛の原因をしっかり把握した上で治療方法を選択しましょう。同じ胸部の痛みでも内臓の疾患が隠れていることもありますので油断は禁物です。

病院治療法にも限界があります。原因がはっきりしない場合は、医師とよく相談した上で、民間療法に足を運んでみることをお勧めします。

▲肋間神経痛の治療法へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved