トップページ > 三叉神経痛の原因 > ヘルペスなどのウイルス感染が原因の三叉神経痛

ヘルペスなどのウイルス感染が原因の三叉神経痛

帯状疱疹は脊髄神経節のウイルス感染症(多くはヘルペスウイルス)で、皮膚の神経支配域に沿って帯状の病変が広がります。
ヘルペスウイルスが原因の三叉神経痛.bmp
ヘルペスウイルスは三叉神経節にも進入し、角膜や口内の神経支配域に運ばれます。そこに感染を起こして、角膜炎を起こしたり、口内炎を起こしたりします。

治療は、通常の薬物療法で、対症療法を行います。痛みは数週間で治る事が多いです。ただし、後遺症として、帯状疱疹後神経痛と呼ばれ、痛みが数ヶ月及び数年に及ぶ事も稀ではありません。非常にしつこい神経痛の一つと言っても過言ではありません。

症状は、三叉神経の皮膚支配域では、顔に痛みが出現し、数日後に赤い湿疹が出来て、水泡が出現します。ヘルペスウイルスは、成人のほとんどの人が保有しているウイルスですので、恐れる必要はありませんが、角膜などの感染に及ぶ事もありますし、脳の感染が強くなり、脳炎を起こすこともありますので、十分注意すると共に、しっかりとメディカルチェック(医療検査)を受けなければなりません。

簡単解説ドクター.bmp

ヘルペスウイルス感染症は、病院治療が専門です。しかし、多くの人類が、元々保有しているウイルスですので、驚く必要はありません。最近では、よい薬がありますし、ほとんど治る三叉神経のウイルス感染と言ってもいいと思います。

三叉神経痛は、痛みが自覚されても、水疱が出てこないと診断できませんので、皮膚に何もない場合は、病院でも、ヘルペス感染の診断はなかなか出来ません。再発が多い疾患ですので、過去に同じ経験があれば、しっかりとその旨を担当医に伝えると予測診断がつきやすいです。

帯状疱疹は、通常薬物療法がとられ、数週間で治癒にいたることが多い疾患ですが、痛みが水疱消失後も長期に渡り存続する事があります。なかなか治らない神経痛に関しては、自然療法を取り入れていくのも大事な方法の一つであると思います。

▲三叉神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved