トップページ > 三叉神経痛の原因 > 炎症が原因で三叉神経痛

炎症が原因で三叉神経痛

三叉神経痛の原因の一つに炎症があります。

炎症の原因はさまざまですが、外傷や感染、代謝異常、中毒、膠原病などによるものが多いようです。神経炎は、運動神経、知覚神経いずれでも起こります。また副交感神経線維も含んでいますので、涙腺や唾液腺にも影響します。
ドクター.bmp
炎症を起こす要因の一つは外傷です。外傷ですから怪我をして神経を痛めてしまうのでご自身で原因を特定する事が出来ると思います。

何ら説明もつかない炎症はウイルス感染などの病気が隠れていることもあります。特にヘルペスウイルスの感染による痛みはよく知られています。炎症を起こし痛みを伴います。後に水疱が出てくる事で診断となります。
閃いた子供.bmp
炎症を鎮めるのはアイシングや薬物療法です。ぶつけたりして出てきた炎症性の神経痛の場合は、まずアイシングをして血管を収縮し、痛みを抑えます。急性期処置を施しても症状が継続する場合は、薬物治療などの方法がとられます。

歯の痛みは三叉神経痛です。菌感染により炎症を起こしたり咬み合わせで口腔に傷が出来たりと様々な要因があります。良くある三叉神経痛で、歯の痛みを感じて歯科に受診しますが調べてみると虫歯ではないといったケースがあり、一つの三叉神経痛と考えられています。

いずれにしても三叉神経痛の痛みが出ればメディカルチェック(病院治療)、口腔であれば歯科治療となりますので、しっかりと検査することが大切です。
ほーらごらん.bmp
このように炎症による三叉神経の痛みは炎症を抑えて休養が治療になりますが、炎症を起こした刺激要因を探さなければなりません。比較的わかりやすいのは外傷です。怪我は自分で判りますののね。

ただし気をつけなければならないのは、やはり腫瘍などの重大な疾患が隠れていることです。何かしらの刺激を受けて炎症を起こし、初めてそこで検査をして病気を発見というケースもあります。繰り返しになりますが、しっかりとしたメディカルチェック(病院治療)が非常に重要です。

▲三叉神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved