トップページ > 三叉神経痛の原因 > 腫瘍で圧迫が原因の三叉神経痛

腫瘍で圧迫が原因の三叉神経痛

脳腫瘍で大脳半球頭頂葉を侵す腫瘍が皮質性感覚障害をおこしたり、三叉神経を侵す腫瘍が神経痛や三叉神経の支配領域に感覚低下などの支配異常を出したりすることがあります。

末梢神経の腫瘍による異常はまれですが、この神経の支配領域に感覚低下や知覚異常などを起こすこともあります。
ほーらごらん.bmp
腫瘍は場所によっては症状が出にくいことも考えられます。脳以外には髄膜などの腫瘍もあり、髄膜腫によって脳神経が傷害される事もあります。非常に診断が難しく発見されるのに時間がかかることもあるようです。

腫瘍が見つかれば、腫瘍に対する治療が優先されます。しっかりとしたメディカルチェック(病院治療)は欠かせません。早期発見は早期に的確な治療を開始する事が可能になりますので、予後も左右する事になります。

簡単解説看護婦さん.bmp

腫瘍によって三叉神経痛の自覚症状が出る事があります。腫瘍の場所によって症状は違いますが、脳腫瘍の場合と、三叉神経にできる腫瘍、またはその周囲に起こり三叉神経を刺激するものがあります。

三叉神経痛の自覚症状が出たら、まずメディカルチェック(病院治療)が重要です。三叉神経痛は原因が比較的わかりにくい疾患の一つです。その中でも血管による圧迫や感染症が有力なのですが、腫瘍が隠れていることもあります。
閃いた子供.bmp
腫瘍の診断は大変難しく、髄膜腫などは発見が遅れる事があるようです。何軒かの病院で検査をしてようやく見つかるまでに数カ月から数年を要する事もあります。とはいえ、しっかり検査する事が大切であることには変りません。

腫瘍は早期発見がまず大切な事であり、早期治療が予後を左右します。

▲三叉神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved