トップページ > 坐骨神経痛 > 坐骨神経の解剖学

坐骨神経の解剖学

坐骨神経痛は坐骨神経の解剖を知る事で初めて理解できます。病気の実態が把握できます。

お尻の真ん中のところにある仙骨から出てくる神経は仙骨神経叢といいます。この仙骨神経叢の2本の太い神経は坐骨神経と陰部神経に分かれます。
女の子体操.bmp
坐骨神経は骨盤内を通り脚に走行しますが、途中で梨状筋という筋肉の下を潜り抜けます。坐骨神経は脚に走行する最長で最も太い神経で、第4腰神経〜第3仙骨神経より出てきて梨状筋の前側で合流して一本の太い神経となります。

坐骨神経は脚に走行し、膝の手前あたりで総腓骨神経と頚骨神経に分かれます。このあたりから太い神経は再び細分されていきます。

関節枝は股関節に分布し、筋肉の支配は、膝の屈筋と下腿の全ての筋肉を支配します。また、膝下の大部分の皮膚の感覚も司どります。
ほーらごらん.bmp
坐骨神経痛はこの坐骨神経が種々の理由によって傷害されることで起きる神経異常です。異常は腫瘍、椎間板ヘルニア、脊椎症、感染症などがあります。どれも同じような自覚症状ですので、まずはメディカルチェック(病院治療)が重要です。

また両側の脚に異常が出てきた場合は脊髄病変が考えられます。悪化すると運動神経麻痺を起こす可能性がありますので、必ず検査を受けると共に十分注意が必要です。

簡単解説二の腕もりもりな子.bmp

坐骨神経は腰から出てきて骨盤を通り脚に走行している神経です。運動神経は足の筋肉を支配しています。知覚神経は一部を除いて皮膚感覚を司ります。太さは小指ほどもあり、大変太い神経です。

坐骨神経痛を起こす神経ですが、障害は坐骨神経自体の障害よりも腰椎や仙椎もしくは骨盤内での神経刺激が多く知られています。

妊娠でも坐骨神経痛が出ることがあります。胎児の異常な位置をはじめ、重心の変化、骨盤・腰椎に対する急激な負担によって神経痛が発生するものと考えられます。ほとんど骨盤・腰椎を正すことで解消します。

▲坐骨神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved