トップページ > 坐骨神経痛 > 坐骨神経の働き

坐骨神経の働き

坐骨神経痛はよく知られておりますが、この痛みを起こしている神経が「坐骨神経」です。

坐骨神経は運動神経、知覚神経、自律神経の繊維を含みます。第4、第5番目の腰神経と第1から第3仙骨神経からなり、関節枝は股関節に分布しています。また筋枝は膝の屈筋と下腿と足の全ての筋に分布しています。そして、膝から下のほとんどの皮膚の感覚神経をつかさどります。
ほーらごらん.bmp
運動神経が支配している筋肉は上から大臀筋、中臀筋、小臀筋、大腿筋膜長筋、梨状筋、上双子筋、下双子筋、大腿方形筋、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋、大内転筋に運動枝を伸ばしています。そして下腿の筋肉を支配しています。

運動神経の異常で筋力の低下が現われ、重症化すると筋麻痺へと発展する事があります。特に両側の足の筋肉の症状は脊髄病変で起こりますので十分注意が必要です。
二の腕もりもりな子.bmp
知覚神経の異常は比較的早期に出てくる事が多く、運動神経よりも早く現われます。何故なら知覚神経は運動神経よりも表層に存在するからです。圧迫を受けても、まず最初に知覚の異常が現われやすいのです。

簡単解説かしこまった子供.bmp

坐骨神経は、運動神経と知覚神経と自律神経を含んだ神経で、腰髄と仙髄が複合する神経です。非常に長く太い神経で、この神経の異常は脚に障害を起こします。障害の部位によってダメージを受けている神経を予測するこが可能です。

坐骨神経のどこを障害されても脚の感覚異常などの自覚症状が出てきやすくなります。上記のように脚の痺れや、痛みの場所によっては障害されている神経の場所が特定できます。

しかし、坐骨神経を刺激している原因は様々であり、原因を特定するするためのメディカルチェック(病院治療)は欠かせません。

▲坐骨神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved