トップページ > 肋間神経痛 > 肋間神経の働き

肋間神経の働き

肋間神経の主な働きは、その神経の支配域である胸部の筋肉を動かす運動神経、または皮膚感覚などの知覚をつかさどります。

運動繊維は筋肉支配ですが、深い部分から回旋筋、多裂筋、半棘筋などの横突棘筋 ・ 棘筋、最長筋、腸肋筋が作る脊柱起立筋もこの運動繊維が支配しています。脊柱起立筋は背骨にべったりと張り付いて背骨をしっかりと保つ働きをしています。この脊柱起立筋が過緊張したり弛緩したりする事は、しっかりした姿勢が保てなくなるという事を意味しています。
ほーらごらん.bmp
また背骨の脇から肋骨が走行しています。12本の肋骨は背骨と関節を作ります。(肋椎関節、肋横突関節)そしてこの肋骨と肋骨の間を更に肋間筋が張り付き、肋骨の上下の動きをまかなっているのです。その肋間筋を支配しているのも肋間神経の運動繊維です。肋間筋は呼吸運動に於いて無くてはならない筋肉であり、横隔膜と共に呼吸筋として働きます。この横隔膜も一部を肋間神経が支配しています。ここは胸郭と呼ばれる部分になります。この部位の知覚神経も当然肋間神経の知覚繊維が支配しています。

簡単解説肩たたき.bmp

肋間神経の働きは、肋骨と肋骨の間にある筋肉や腹筋、背筋などを支配しています。呼吸の際には肋骨を上下して、胸郭の内圧をあげたりさげたりします。また、肋骨の内部には横隔膜が張り付いています。肋骨をしっかり固定して横隔膜がしっかり働く役割も支配しています。

肋間神経痛が呼吸と共に痛みが現われる事が多くあります。これは呼吸運動で肋骨が動き、ウイルス感染などで炎症している神経を牽引したり、神経根障害を悪化したりするからです。
二の腕もりもりな子.bmp
胸郭部の知覚の神経も担っています。痛みが肋骨に沿って走っていくので肋間神経痛と呼ばれます。この部分はウイルス感染で帯状疱疹が出るのでよく知られている神経の一つです。

▲肋間神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved