トップページ > 肋間神経痛の治療法 > マッサージ治療法と肋間神経痛

マッサージ治療法と肋間神経痛

マッサージ治療法は欧州より伝わる日本でも古来から使用されている療法です。

器具や機械を使わずに、徒手のみの利用で人の身体に器械的な刺激を加えることによって血液の循環をよくしたり、筋肉の凝りををほぐしたり、痛みを和らげたりする療法の一つです。日本では明治20年頃から理論的な裏付けがされた治療法として欧州より伝わりました。
肩たたき.bmp
マッサージは原則として体の抹消側から中枢側に向かって施術していきます。日本においてはマッサージ、指圧師として国家資格を持っており、病院の整形外科や内科で広く用いられています。

神経痛においてのマッサージ療法は、急性期と慢性期において区別されています。治療を受ける際は、必ずメディカルチェックを受け、原因の究明を済ませた上で、医師と相談をして適応します。

肋間神経痛は症候性の名称であり、その原因は様々です。腫瘍、感染症、骨折などの重大な疾患が隠れていることもあり、早期に検査がされなければなりません。検査を怠れば発見が遅れます。結果として治療が遅れ、治癒にかかる時間も長くなります。 

簡単解説足の裏のツボ.bmp

マッサージ治療は肋間神経痛の治療にもよく効きます。ただし、原因によっては禁忌ですのでしっかりとしたメディカルチェック(病院治療)が重要です。感染症や、急性期の外傷、炎症に対してはあまり適応しません。

特に気をつけなければならないのは、両側性の異常です。脊髄病変の可能性がありますので必ず病院でのチェックが必要です。また、内臓異常が原因の関連痛の可能性もあります。関連痛は肋間神経痛のようなデルマトームに一致した異常が出ないので診断しやすいといった特徴があります。
ほーらごらん.bmp
慢性期における筋肉の異常に対しては非常に効果を発揮して、肋間神経痛の症状に対しても非常に有効です。治療の際は医師と相談の上、選択する事をお勧めします。

▲肋間神経痛の治療法へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved