トップページ > 坐骨神経痛の症状 > 坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状には、運動系の症状、知覚系の症状、自律神経系統の症状に分けられます。全てがミックスされて症状が出現する事も多いです。

運動系症状に関しては、筋肉の弱化と共に股関節、膝関節、足関節の障害を生じる事があります。これは、ふとももの後の筋肉の異常が出現するからです。また、膝の下の筋肉は、ほとんど坐骨神経の支配を受けているため、神経の支配低下が起こることで、筋肉の痛みや関節の痛みや違和感となるからです。神経の障害が悪化してくると、その支配筋は麻痺する事がありますので注意が必要です。
女の子体操.bmp

知覚系の症状は、通常お尻の辺りから脚の先にかけて、神経の走行に沿って鋭い痛みを感じます。痛みは持続性の痛み(動かなくても痛い)と、運動痛(脚を動かすと痛みが再現する。)が存在します。知覚系の異常は、しびれ、皮膚の痛み、冷える感じ、感覚鈍磨などの自覚症状も出てきます。これは、傷害されている神経によって症状の出てくる場所が決まっています。
ほーらごらん.bmp
坐骨神経痛の痛みは、神経自体の原発性の痛み、ヘルニアなどの結果で起きる2次的な痛みも同じような痛みです。坐骨神経痛が自覚されたら、まずメディカルチェック(病院治療)を怠らずに、しっかりと原因をつきとめることが重要です。原因によって治療法は様々です。

簡単解説ドクター.bmp

坐骨神経痛の症状は、お尻の痛みから始まり、神経の走行に沿って痛みが起こりますが、はっきりとしない症状もあり、坐骨神経支配域の異常は、坐骨神経痛として判断されることが多いです。

多くの坐骨神経痛の自覚症状は、知覚異常から始まります。次に筋肉の弱化、痛みがあらわれます。症状が悪化すると、筋肉の不全麻痺や萎縮が出てきますので、十分注意が必要です。坐骨神経痛の自覚症状があったら、必ずメディカルチェック(病院治療)を受けなければなりません。
よ.bmp
また、坐骨神経痛には、腫瘍やその他の重大な疾患が隠れていることもあります。検査を怠れば、発見が遅れ、的確な治療を受ける時期が遅れてしまいます。治療の遅れは、予後を大きく左右します。必ずメディカルチェック(病院治療)を受けましょう。

▲坐骨神経痛の症状へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved