トップページ > 肋間神経痛 > 肋間神経痛とは

肋間神経痛とは

肋間神経痛とは胸部の脊髄神経から走行している末梢神経の痛みもしくは違和感を言います。肋間神経が圧迫もしくは刺激される事で痛みが出てきます。

胸神経の12対の前枝は肋間神経とよばれ、動静脈とならんで各肋骨の下縁に洽って肋骨間を走行しています。下半分は肋骨弓を越えて腹壁をななめ下前方へと走ります。
おじいちゃんの体操.bmp
これらの神経は走行中に小枝をだして肋間筋と腹壁のそれぞれの筋肉を支配し、胸腹部の前面と側面の皮膚に分布します。

肋間神経が胸部だけでなく、腹壁の大部分に分布し、その知覚を伝えることは重要です。へその高さには第10肋間神経が達しています。この、第1〜12肋間神経の障害が生じた時、その支配域の皮膚の痛みや筋肉の異常を生じます。
ほーらごらん.bmp
肋間神経痛は症候性の名称です。痛みを出す原因が隠れているのですが、中には腫瘍を初めとして重大な疾患が隠れていることも多いので、しっかりとメディカルチェック(病院治療)を受けることが大切です。

簡単解説ドクター.bmp

胸椎は、肩の部分から腰の上の方までの背骨を指しています。全部で12個の背骨があり、この骨と骨の間には椎間板という軟骨があります。この骨と軟骨の隙間部分から神経が走行しています。そして、この神経が肋骨と肋骨の間を通ってお腹の方に走行します。

この肋間神経が何かの原因で圧迫・刺激を受けたり、感染をすると、この神経にそって痛みや痺れ、皮膚の異常などが出てきます。
よ.bmp
これが大まかに肋間神経痛と呼ばれている症状です。原因は様々ですので、自覚症状があれば、しっかりとしたメディカルチェック(病院治療)を受けなければなりません。早期に的確な治療を開始する事は肋間神経痛の予後を大きく左右します。

▲肋間神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved