トップページ > 坐骨神経痛の原因 > 腫瘍が原因で坐骨神経痛

腫瘍が原因で坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因の一つに腫瘍があります。腫瘍による坐骨神経痛は、運動痛の場合と非運動痛の場合がありますので、正確な検査が欠かせません。脊髄病変に至れば下肢の麻痺に発展する恐れがあります。

腫瘍の場所や大きさによって症状は異なるようですが、骨に腫瘍が出来て神経をいたずらするもの、腫瘍が神経自体に及んでいるもの、内臓に腫瘍があり坐骨神経を圧迫するものなどがあります。
腰が痛い.bmp
背骨の中に腫瘍が出来ることもあります。骨盤内の腫瘍が原因で坐骨神経痛の症状を訴える事もあります。

腫瘍による坐骨神経痛はメディカルチェック(病院治療)が欠かせません。症状がなかなか引かない坐骨神経痛は腫瘍のような神経圧迫物質が体内に存在する可能性があります。的確な検査にて腫瘍の有無を調べる事は、早期治療を開始するためにも重要です。

簡単解説ドクター.bmp

腫瘍による坐骨神経痛は診断が難しく、決定的な診断はMRIなどの画像診断に委ねられます。しかし、それでも発見が遅れる事もあります。それだけ診断が難しいというものです。

腫瘍の場所は背骨や周辺の軟部組織、内臓、神経にも起こります。骨盤内に腫瘍ができることで神経がいたずらされ、違和感がでてくることもあります。

女性の場合は子宮や卵巣、男性の場合は前立腺などの腫瘍も考えられます。レントゲンやMRIなどの検査で、ある程度の診断が確定できます。まずメディカル検査を優先しましょう。腰痛だけが自覚症状のこともあリますので注意を要します。
男性.bmp
また、腫瘍と判断された場合、早合点しないでセカンドオピニオンも必要でしょう。医師とよく相談してみることをお勧めいたします。最低2件の病院で検査する事も大切な体を守るために必要な事です。そして早く的確な治療を施す事が大切です。

▲坐骨神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved