トップページ > 肋間神経痛の原因 > 帯状疱疹が原因(ウイルス感染で肋間神経痛)

帯状疱疹が原因(ウイルス感染で肋間神経痛)

帯状疱疹は脊髄神経節のウイルス感染症による肋間神経痛で、皮膚文節に沿って病変が広がります。
ほーらごらん.bmp
ウイルスの正体のヘルペスウイルスは脊髄神経節に進入し皮膚に運ばれ、そこに感染を起こして、感染した神経が支配する皮膚領域に激しい痛みを起こします。痛みが起こる前にかゆみが起こり、その後に痛みと変わっていきます。数日後に皮膚支配の領域は赤く湿疹が出来て、水泡が出現します。ヘルペスウイルスは成人のほとんどの人が保有しているウイルスであり、水疱瘡もこのウイルスです。

胸部のヘルペスウイルス感染は肋間神経に沿って痒みがまず出てくる事があります。いずれは痛みに変化してその部分に水泡が出現します。(痛みのみの場合もあります) 帯のように痛みが走り水泡が出来る事から帯状疱疹と呼ばれています。

簡単解説ドクター.bmp

帯状疱疹はウイルス感染ですから、病院治療が専門です。しかし、ほとんどの人が保有しているウイルスですので、驚く必要はありません。最近はよい薬がありますし、ほとんど治る肋間神経痛といってもいいと思います。

この場合、身体を動かさなくても痛みが持続します。背中を痛める要因がない場合は、帯状疱疹を疑ってもいいと思います。また、過去に帯状疱疹を経験していれば診断の決定は早いかもしれません。稀に痒みが先行して出てくるくることがありますので注意が必要です。

病院は、水疱が出てこないと診断できませんので、皮膚に何もない場合は病院でも帯状疱疹の診断はなかなか出来ない事もあります。

▲肋間神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved