トップページ > 肋間神経痛の原因 > 神経根障害が原因で肋間神経痛

神経根障害が原因で肋間神経痛

神経根障害が原因の肋間神経痛は、肋間神経が胸椎(背中部分の背骨)の骨の間から出てくる時に、この出口の部分で何かしらの障害を受ける事により痛みなどの神経症状が出てくるものです。神経根をいたずらする要因は、椎間板ヘルニア、骨の変形、椎間関節症などによるものがあります。通常は片側に症状が出てきます。
女性の体操.bmp
神経根障害の診断は、まずは片側の異常であることです。そして、感染や腫瘍などの疾患を除外することです。感染症に関しては帯状疱疹や胸膜炎などの診断を怠らないようにしなければなりません。腫瘍はMRIなどの検査で調べる事もありますが、片側の痛みで運動痛の場合はあまり使われないようです。通常運動痛の場合は筋骨格系の異常が多く、脊椎症などによる脊椎の変形や椎間板の異常、椎間板ヘルニアなどが多くみられます。また、胸椎の捻挫や肋椎関節の捻挫(肋骨の異常)によって神経症状が現われる事があります。

神経根障害の神経異常は片側に出ますが、両側に症状が出てきた場合は脊髄病変の異常が考えられますので、メディカルチェックが必要です。

簡単解説閃いた子供.bmp
片側の肋間神経痛は、神経根障害であることが多くあります。神経根障害を起こす要因は、背骨の変形、捻挫、椎間板ヘルニアがあり、それぞれの検査が必要です。

背骨と背骨の間には椎間板という軟骨があります。この軟骨が壊れて内容物が飛び出してくる。この飛び出してきたもの(髄核)によって神経がいたずらされる。これが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアによって片側の胸部神経がいたずらされます。

どれも、片側に知覚の異常が現れ、痛みが出てきます。筋肉の萎縮が現れてきた場合は、病院検査が必要です。しっかりチェックをしましょう。神経根障害は比較的治りがよい肋間神経痛です。

▲肋間神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved