トップページ > 肋間神経痛の原因 > 脊髄病変が原因の肋間神経痛

脊髄病変が原因の肋間神経痛

脊髄病変は、背骨の中に脊髄神経が走行していますが、この脊髄神経が何かの原因で圧迫を受けている神経異常を起こした状態です。圧迫を起こすのは、腫瘍、椎間板ヘルニア、脱臼、骨折、血腫などが考えられます。
おなかいたいたい.bmp
骨折や脱臼は自動車事故や落馬などで起こり、重症化する恐れがありますので、すぐに病院に運ばれ的確な処置を施すことが大切です。
事故などの外傷で内出血が起こり血腫が出来る事があります。これが脊髄神経の周りを囲い神経を圧迫します。
胸椎椎間板ヘルニア、脊椎骨折でできた骨片で神経圧迫を起こす事もあります。いずれも脊柱管内で起こる異常です。T1(胸椎1番)より下位で起こった脊髄病変は両下肢の麻痺へ発展する恐れがあります。
元気はつらつな子供.bmp
胸椎部の病変で両側の異常(両側の肋間神経に知覚異常が感じられる)が現われたら、脊髄病変が疑われます。大した事無いとほっておくと、進行して下半身麻痺に進行する恐れがあります。両側に症状が現われたら、まずメディカルチェック(病院治療)を必ず行いましょう。

また、トイレで力んだり、くしゃみをしたときに身体の両側に症状が出たり、電気的な痛みが走る、などがあれば脊髄病変が疑われます。事故の有無にかかわらず、まずはメディカルチェック(病院治療)が重要です。

軽度の脊髄病変は安静にて症状がよくなりますが、重度に進展すると知覚神経の異常に始まり運動神経の異常が起こり、自律神経の支配異常(排便のコントロール異常)に発展します。

簡単解説ほーらごらん.bmp

背骨の中には脊髄神経が走行しています。背骨はトンネルのような状態で、この脊髄神経を守っていますが、ヘルニアや血腫などが、トンネル内で脊髄神経をいたずらします。

力んだり、くしゃみをしたりした時に両側の症状が出てきたら要注意です。メディカル検査をお勧めします。

▲肋間神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved