トップページ > 三叉神経痛 > 三叉神経の解剖学

三叉神経の解剖学

三叉神経は12本の脳神経の中でもっとも太い神経で、橋から走行してまもなく3つに分かれます。それゆえにこの名前がついています。

3つの枝は眼神経、上顎神経、下顎神経に分かれ、三叉神経は知覚をつかさどる大部分と、運動性の小部分からなります。
二の腕もりもりな子.bmp
知覚線維は眼球、鼻腔、口腔の皮膚や粘膜に分布し、その知覚神経節は三叉神経が3つに分かれる部分に存在しています。ここは三叉神経節、半月神経節と呼ばれるところで、顔面の局所麻酔などで目標となる部分です。

第1枝の眼神経は上眼カレツという隙間から眼窩に入って、眼球やその付属器に分布しさらに眼窩から枝を出して、前頭部から頭頂部の皮膚、鼻腔の粘膜にも分布しています。よくある角膜や結膜の痛みはこの神経の痛みです。

第2枝の上顎神経は頭蓋骨の正円孔という穴を通って頭蓋骨の下に出てきます。上唇から頬の部分にかけての顔の皮膚や上顎部や口蓋の粘膜に分布し、それらの知覚を伝えます。上顎の歯に進入する神経は上顎神経で歯の痛みを感じます。

第3枝は下顎神経 と呼ばれ頭蓋骨の卵円孔という穴を通り頭蓋骨の下に出てきます。顔面の下顎の部分から耳の辺りを抜け、側頭部のあたりまでの皮膚感覚、口腔内は口腔底、頬、舌の前の2/3の粘膜に分布して、その知覚神経(味覚は顔面神経)をつかさどります。下顎の歯に入る神経はこの神経で、痛みはこの神経の痛みです。

下顎の神経の中には運動神経を含み、筋肉を支配しています。咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋の咀嚼筋がそれです。

簡単解説元気はつらつな子供.bmp

三叉神経は脳神経の第5番神経です。この神経は頭蓋骨の中で3つの枝に分かれています。運動神経線維(咀嚼筋)と知覚神経繊維(顔の皮膚感覚、口腔、鼻腔、目の角膜・結膜)を含んでいます。

どこで異常が起きたのかによって症状が出てくる場所が違うわけです。まずは、メディカルチェック(病院治療)が重要です。

▲三叉神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved