トップページ > 舌咽神経痛 > 舌咽神経の働き

舌咽神経の働き

舌咽神経の働きは、舌の後端部(舌の奥の部分)の粘膜と咽頭部(喉のおく)の粘膜に分布する知覚神経繊維と、唾液や食物を飲み込む時の嚥下に必要な咽頭筋を支配する運動神経繊維が混じって存在しています。

また、舌の後方の1/3の味覚を支配しています。さらに副交感神経の繊維も含み、唾液の分泌も支配しています。
ほーらねのお姉さん.bmp
舌咽神経の異常は脳疾患で多く現われます。腫瘍は舌咽神経を圧迫し突発性の痛みを出したり、持続的に起こる違和感などの症状が出てきます。腫瘍に対しては除去手術が適用となりますが最近は医療機器の進歩によって比較的リスクが伴わない方法があります。

また、脳梗塞や脳内出血などの脳血管障害で神経の麻痺及び機能低下が起こることがあります。咽頭筋を支配している運動神経の異常は嚥下が困難になります。お水を飲んでも器官や肺に入り込んで肺炎を起こしてしまいます。また知覚神経支配域の喉の奥と舌の付け根の部分の近くも異常をきたします。副交感神経の耳下腺支配は消失または低下して唾液の分泌にも大きく影響します。
ほーらごらん.bmp
舌咽神経支配域の喉や舌の付け根に痛みを起こすことがあります。舌咽神経痛と呼ばれ、血管による圧迫が痛みの原因の一つに挙げられています。古くなった血管が腫れてきたり血流量が増えて圧力が上がって近接する舌咽神経を刺激すると考えられています。薬物療法で徐圧する方法がとられるようですが、効果が薄い場合は手術療法が適用になります。

頭蓋骨や頚椎の歪みから舌咽神経支配域に痛みや継続する違和感が起きる事があります。頚椎や頭蓋骨を含めた全身のバランスを整えるような施術で症状が消失、または軽減する事が多くあります。いずれも神経の異常が自覚された時はメディカルチェックが重要です。


▲舌咽神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved