トップページ > 坐骨神経痛の原因 > ウイルス感染が原因で坐骨神経痛

ウイルス感染が原因で坐骨神経痛

帯状疱疹という病気は脊髄神経節のウイルス感染症で、皮膚文節(神経の支配域)に沿って病変が広がります。
女の子体操.bmp
ウイルスの正体のヘルペスウイルスは脊髄神経節に進入し皮膚に運ばれ、そこに感染を起こして、感染した神経が支配する皮膚領域に激しい痛みを起こします。痛みが起こる前にかゆみが起こり、その後に痛みと変わっていきます。数日後に皮膚支配の領域は赤く湿疹が出来て、水泡が出現します。

はじめは知覚異常のみが発生することが多く、ウイルス感染が原因とは気が付かない事が多いです。その後、感染した神経の支配域に水疱が現れ痛みは激烈になります。この時点で初めてウイルス感染と診断が付きます。
ほーらごらん.bmp
痛みのみの時点ではウイルス感染は診断が難しく、痛み止めや消炎剤の処方が主な治療となっています。

帯状疱疹による坐骨神経痛は腰の神経の支配域に沿って痛みが出ますが、ウイルス感染が原因です。ヘルペスウイルスは成人のほとんどの人が保有しているウイルスで、水疱瘡もこのウイルスです。水泡が出てくるまでは診断がつきにくいのも特徴です。

簡単解説IMG_0001.jpg

帯状疱疹における坐骨神経痛はウイルスの感染が原因ですから、病院治療が専門です。元々ほとんどの人が保有しているウイルスですので、驚く必要は全くありません。最近は効果」の高い薬がありますし、ほとんど治る坐骨神経痛といってもいいと思います。
閃いた子の電気.bmp
ウイルス感染が坐骨神経痛の原因の場合、身体を動かさなくても痛みが持続します。足の皮膚にピリピリと痛みが出てきて、腰の神経を痛める原因が思いあたりません。こんな坐骨神経痛は帯状疱疹を疑ってもいいと思います。

ただし水疱が出てこないと診断できませんので、皮膚に何もない場合は病院でも帯状疱疹の診断は出ません。腫瘍やその他の坐骨神経痛との鑑別も必要です。痛みが出てきたらまずメディカルチェック(病院治療)を怠りなくしましょう。

▲坐骨神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved