トップページ > 坐骨神経痛の原因 > 脊髄病変が原因で坐骨神経痛

脊髄病変が原因で坐骨神経痛

脊髄病変とは背骨の中には脊髄神経が走行していますが、この神経が何かの原因で圧迫を受けてしまう脊髄の異常です。圧迫を起こすのは、腫瘍、椎間板ヘルニア、脱臼、骨折、血腫、多発性硬化症、脊髄梗塞などがあります。
ほーらごらん.bmp
骨折や脱臼などは自動車事故や落馬などの重大な事故で起こる事が多く、また事故によって内出血が起こり、脊髄神経の周りを血液が囲い込み神経を圧迫したり、腰椎のすべり症や骨折で現われた骨片で神経圧迫を起こす事もあります。

坐骨神経痛に於いて、まず脊髄病変を疑わなければならないのは、両側の知覚異常です。比較的軽度と考えられがちですが、ほって置きますと悪化する事あります。悪化しますと筋麻痺が起こります。足に両側の神経症状が出てきた場合は、必ずメディカルチェク(病院治療)を受けましょう。

また、トイレで力んだり、くしゃみをした時に両足に症状が出ても脊髄病変が疑われます。メディカルチェック(病院治療)が重要です。まずは脊髄病変を起こした原因を確かめなければなりません。

腫瘍や重度の骨折や脱臼は、後に神経障害をきたす恐れがありますので十分に検討された上で治療がなされます。

軽度の脊髄病変は、メディカルチェック(病院治療)を施した上で脊椎の矯正を施す事で症状の悪化を防ぐ事が出来ます。

簡単解説看護婦さん.bmp

背骨の中には脊髄神経が走行しています。背骨はトンネルのような状態で、この脊髄神経を守っていますが、椎間板ヘルニアや腫瘍などが、トンネル内で脊髄神経をいたずらします。そして神経的な異常が足に起こります。

足の両側に痛みや痺れ、感覚異常の症状が出る場合は脊髄病変が疑われます。特にトイレで力んだり、くしゃみをした時に、両足に異常症状が出たり、電流が走るような痛みが走るような場合は、脊髄病変が疑われますので、まずメディカルチェックを最優先することをお勧めします。
閃いた子の電気.bmp
これに対して、片方の足に症状が出てくる場合は神経根障害といいます。背骨の中の異常ではなく、神経の出口の異常が考えられます。脊髄病変とは区別されます。

軽症の場合は安静でよくなりますが、重症の場合は排便の障害、運動失調などの障害が出てきます。脊髄病変が原因で起こる両足の異常や違和感はメディカル(病院治療)が必要になります。

▲坐骨神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved