トップページ > 後頭神経痛 > 後頭神経とは

後頭神経とは

後頭神経とは名前の通りで後頭部の神経です。頚椎から出て走行して後頭部や側頭部に分岐していきます。

頭部の皮膚感覚は三叉神経と後頭神経が支配します。三叉神経は顔面を支配しますが、後頭神経はそれ以外の後頭部の神経支配をしています。後頭神経は大後頭神経と小後頭神経に別れています。
疲れた子供.bmp
後頭神経痛を起こす神経として知られていますが、大後頭神経は触診することが出来るくらい表層に有ります。頭部の外傷で傷ついたり、神経に炎症を起こして痛むことも多くあり、外傷などの炎症に対しては炎症を抑える処置と薬物療法が施されます。

何の原因も考えられないような後頭神経痛も起こります。突発性の痛みが多いですが、持続する違和感や痛みも多く報告されています。理由はいくつか考えられますが、後頭神経痛の原因としてははっきりとは認められていないものがほとんどです。

中でも腫瘍は神経を圧迫する原因としてまず最初に検査されなければなりません。したがって後頭神経の異常は、メディカルチェック(病院治療)を欠かす事が出来ません。
ほーらごらん.bmp
後頭神経は上部頚椎より走行していますので、この部分に異常をきたしている事が考えられます。特に頚椎のミスアライメント(不整列)は神経根を傷害して痛みや違和感といった異常を後頭部に発生することが十分考えられます。実際にこの部位の治療によって後頭神経痛が楽になったり消えたりすることがとても多くあります。

後頭神経の異常が頚椎の異常からくる場合、頚椎の異常を調べなければなりません。レントゲンやMRIやCTスキャンなどを使って頚椎の変形や歪み等を調べ、必要であれば矯正を施します。

ただし、頚椎のみの異常はほとんど考えられませんので(外傷は別です)全身的に歪みを検討して、上部頚椎が本来の状態に戻るような相対的な調整が重要です。とはいえ、全身を矯正するのではなく必要な部分を調整する事が大切です。


▲後頭神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved