トップページ > 舌咽神経痛の原因 > 腫瘍が原因の舌咽神経痛

腫瘍が原因の舌咽神経痛

舌咽神経痛は原因があまり特定されていないのが事実です。実際よく原因がわからないことの方が多いようです。

ただし腫瘍などによる神経圧迫、もしくは直接腫瘍による病変が見つかる事も多く、しっかりとしたメディカルチェックが必要です。腫瘍が見つかれば腫瘍の治療が最優先され、腫瘍が除去されるような処置を基本とし、手術療法が大きな力を発揮します。
ほーらごらん.bmp
腫瘍による舌咽神経の圧迫もしくはいたずらは突発性の痛みよりもむしろ持続性の痛みが出てくることが想像できます。なぜなら腫瘍自体が短時間で大きくなったり小さくなったりすることはあまり考えられないからです。徐々に大きくなって段々神経をいたずらするようになり、自覚症状も突発的というよりは緩やかに始まるものと思われます。

診断はCTもしくはMRIによる検査となりますが、問診や家族歴も考慮され、生活環境や社会性等も診断の材料とされます。腫瘍の発見は難しく熟練した医師の判断にゆだねられます。発見されれば最優先して治療がなされ、結果として神経痛も治療されます。

こちらへどうぞ.bmp腫瘍の治療はメディカル(病院治療)です。腫瘍が見つからなかった場合の舌咽神経痛は、感染症、血管の異常(動脈瘤なども含みます)、もしくは頭蓋骨や頚椎、筋肉の問題が考えられます。耳の下の筋肉の緊張や骨の動きの異常などを調べる必要があります。

感染症や血管の異常はメディカル(病院治療)です。筋肉や骨格の異常は、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸治療などが効果を発揮します。特に原因不明の舌咽神経痛は頚椎や頭蓋骨とその周りの筋肉の異常が大いに考えられ、この治療を施して改善する自覚症状はとても多いです。

いずれも医師との相談の上、的確な治療法を選んで早期に治療を開始することが早く完治するために重要な要素です。

▲舌咽神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved