トップページ > 舌咽神経痛の原因 > 血管による圧迫が原因で舌咽神経痛

血管による圧迫が原因で舌咽神経痛

突発性(突然起こった)の舌咽神経痛は血管による圧迫とする説がいちばん有力な説です。舌咽神経の周りに血管が生じたり、元の血管がもろくなって腫れてきたり、動脈瘤が生じたりして神経を圧迫したりいたずらしたりします。
ほーらごらん.bmp
当然ですが血管を処置することが神経圧迫を取り除く事になりますので、多くの場合は手術となります。手術が成功しても痛みが消えないことも多く、全ての舌咽神経痛の原因が血管の圧迫ではないこともまた意味しています。

舌咽神経の異常には腫瘍などの重大な疾患が隠れていることも多いので、しっかりとしたメディカルチェック(病院治療)は重要です。しかし、原因がなかなか見つからないことも多いのが事実で、薬物療法や神経ブロック療法で痛みを止める治療がなされてます。これは根本治療ではなく対症療法になります。

簡単解説看護婦さん.bmp

突発性(突然起こった)の舌咽神経痛は原因がはっきりとしていないのが事実のようです。いちばん有力な説は血管による神経の圧迫ではないかという説です。これは検査においても処置においても病院治療になりますので、まずはメディカルチェックが必要です。

しかし、検査において何も発見されずに痛みだけが残るというケースも非常に多いです。この場合は、頭蓋骨や頚椎や筋肉の問題を解決すると比較的よく治る事が多いです。つまり、頚椎のゆがみや筋肉の異常が神経の圧迫もしくは締め付けの原因となり痛みを誘発するということです。物理療法、カイロプラクティック療法、マッサージ療法、鍼灸療法などが効果を発揮します。

ただし、治療の際は十分な検査を済ませた上で医師と相談する事をお勧めいたします。重大な疾患を見逃さないようにするためにも。

▲舌咽神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved