トップページ > 舌咽神経痛の予後 > 舌咽神経痛の予後

舌咽神経痛の予後

舌咽神経痛においての予後は、その原因によって大きく違います。
原因を特定する事が治療法を探す事になるので、しっかりとした診断が大切です。これが結果的に早く治る事につながります。
ほーらねのお姉さん.bmp
通常は薬物療法が行われます。薬物療法が効果ない場合は神経ブロック注射が行われ痛みそのものを調整します。しかし根本的には治っておらず、痛みを繰り返すことが多くあります。

血管の圧迫によってあらわれる舌咽神経痛の場合は、病院治療(メディカル)における血管神経から離す手術によって高い効果が得られるようです。しかし、手術後も神経痛が消えない場合もあるようです。この場合、他の原因も潜んでいたことが考えられます。

また、外傷などによる舌咽神経自体の炎症は、炎症を抑える処置や薬物療法などによって症状はよく回復するようです。
ほーらごらん.bmp
腫瘍の問題がある場合は、腫瘍に対する治療が必要です。これについての予後は、ケースバイケースのようです。腫瘍の位置や大きさによっては手術が不可能な場合もあり、治療そのものが難しくなります。とはいえ、早期に発見して早期に治療を開始する事が重要な事は変りません。

また頭蓋骨の歪みの問題や上部頚椎(首の背骨)の問題で神経が圧迫されるような場合は、骨の調整で症状は軽減するようです。この場合も予後はよいです

簡単解説子供がナイトフィーバー.bmp

通常は病院(メディカル)検査が重要です。舌咽神経痛を起こしている要因をまずはっきりさせます。
原因がわからない場合は、医師と相談の上で各種の治療法を実践する事をお勧めいたします。

舌咽神経痛は舌の付け根の1/3の部分に痛みを嚥下に必要な筋肉を支配していますので、この神経の異常は下の付け根の痛みの他に嚥下に影響を及ぼします。また、耳下腺を支配し、唾液の分泌に関与している為、唾液の分泌に影響します。

▲舌咽神経痛の予後へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved