トップページ > 後頭神経痛の原因 > 頚椎異常が原因で後頭神経痛

頚椎異常が原因で後頭神経痛

後頭神経は頚椎の上部の神経から分岐し走行してきます。上部の頚椎(首の背骨)の異常によっては、後頭神経に何かしらの刺激を与えます。これが原因となって後頭神経痛を出す事が多くあります。
赤ちゃん変な頭.bmp
頚椎(首の背骨)の異常は椎間関節症、退化性骨関節症、リウマチによる頚椎の変形、頚椎のミスアライメント、靭帯の不安定性、筋肉の異常硬縮などがあります。これらの原因によって、後頭神経が刺激を受けます。
通常は、大後頭神経の痛みが多いようです。

簡単解説 坊ちゃん狩りの子供.bmp

首の骨が歪んだり、変形が生じたりした時、後頭神経に異常症状が出ることがあります。その中の一つの症状が後頭神経痛になります。したがって、頚椎(首の背骨)の異常が後頭神経痛の原因となり、頚椎の処置が症状を緩和する方法となります。

頚椎の異常は単にミスアライメントがある場合や、事故などの骨折や脱臼による後遺症、骨の変形や靭帯の肥厚などがあります。いずれも上部頚椎の神経根(C2、C3)を傷害してその知覚域に異常を起こします。

大後頭神経であれば後頭部に頭痛や触診での痛み、小後頭神経であれば耳の横か上に痛みを起こします。
ほーらごらん.bmp
頚椎の異常は様々な要因で起きますので、まずはメディカルチェック(病院治療)を優先して他の病気が隠れていないかを調べる事が大切です。腫瘍や血管異常などがあれば病院治療が最優先してなされます。

これらの異常がない場合は頚椎のゆがみや頚部の筋肉の異常などが原因の後頭神経痛の可能性があります。頚部の筋肉は多くが頚椎から始まり頭部に向かって走行していますので、この筋肉の異常(緊張や弛緩、筋膜異常等)は大いに治療部位として考慮されなければなりません。

また、この筋肉や頚椎のアライメント治療は後頭部の痛みに大いに効果を発揮しています。

 
▲後頭神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved