トップページ > 後頭神経痛の予後 > 後頭神経痛の予後

後頭神経痛の予後

後頭神経痛においての予後は、その原因によって大きく違います。
原因を特定する事が治療法を探す事になるので、しっかりとした診断が大切です。これが結果的に早く治る事につながります。
閃いた子の電気.bmp
血管の圧迫によってあらわれる舌咽神経痛、三叉神経痛の場合は、血管を離す手術によって高い効果が得られるようです。後頭神経痛の場合も、血管の障害によって症状が出るケースがあります。これは病院治療(メディカル)の外科的な処置で予後はよいようです。

また、外傷(怪我)などによる神経自体の炎症は、炎症を治める処置や薬物療法などによって症状はよく回復します。48時間は急性期と考え、アイシングを施すなどの血管を収縮して痛みを緩和していく作用が必要です。炎症をおさえ、腫れや熱がなくなって来る時点で慢性期治療を施します。これは血管の拡張させて血液の循環を促し治癒を促進します。これにより炎症性の神経痛は改善します。

腫瘍などの問題がある場合は、腫瘍に対する治療が必要です。これについては、予後はケースバイケースのようです。どちらにしても、しっかりとした検査が重要です。

また頭蓋骨の問題や上部頚椎の問題で神経が圧迫されるような場合は、骨の調整で症状は軽減します。この場合も予後はよいようです。ただし、リウマチなどによる骨の変形はリウマチに対する治療が必要です。また、頚椎の調整はカイロプラクティックの脊椎調整が有効です。

簡単解説坊ちゃん狩りの子供.bmp

まずはメディカル検査が重要です。後頭神経痛を起こしている要因をまずはっきりさせます。
原因がわからない場合は、医師と相談の上で各種の治療法を実践する事をお勧めいたします。 後頭神経痛は治らない病気ではありません。ご自身の現在の状況をしっかり把握した上で治療法を選択し、的確な治療を速く開始する事が早期治癒の近道です。


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved