トップページ > 神経痛用語集 > 神経根障害

神経根障害

神経根障害は抹消神経の障害ですが、背骨と背骨の間の椎間孔という隙間の部分で脊髄神経から分岐してきた抹消神経に障害が及ぶものさします。(痛み、痺れ、萎縮など)

病因は様々ですが、一般的に多いのは老化などの退化性関節症で出来た骨の変形(骨キョク)や椎間板の障害(椎間板ヘルニアも含みます)、脊椎症の骨関節炎や椎間板炎や外傷や感染なども含まれます。
これらが原因で坐骨神経痛が起こることがとても多くあります。
二の腕もりもりな子.bmp
神経根障害は通常は片側の自覚症状となります。目安は深部腱反射が減少していること、知覚異常が出ている事、重症化すると筋の萎縮が出てくる事もあります。繰り返しますが、自覚症状は片側に出てきます。

原因を判定するためには、問診、触診、病歴の有無、整形学検査法、レントゲン・MRIなどの画像診断を使います。これらを総合して神経根障害の原因を確認していきます。特に腫瘍や椎間板ヘルニアや変形による骨キョクなどは最終的に画像診断が決め手となります。

的確な診断は早期に治療を受けることが可能となり、神経根障害が完治するためにも重要になります。
閃いた子の電気.bmp
感染症が原因で起きる神経痛もあります。この場合は問診が重要になります。最近病気をしたとか、怪我で傷を負ったといったケースでは感染による神経の炎症も疑わなければなりません。この場合は血液検査等の検査が重要になります。診断が確定したら薬物療法となります。

まずはメディカルチェックが必要です。治療は医師と相談になります。

▲神経痛用語集へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved