トップページ > 神経痛用語集 > 脳神経

脳神経

脳神経は末梢神経にあたります。12対の脳神経があります。かしこまった子供.bmp

第1神経・・・嗅神経 (嗅神経は臭いを感じ取る知覚神経です。嗅粘膜の感覚細胞の突起で他の脳脊髄神経とは弱感異なっています。)

第2神経・・・視神経(視神経は目で受け取った信号を脳に送るための知覚神経です。両目の網膜の左半分の感覚は左の脳に伝達し、両目の右半分の感覚は右の脳へと伝えられます。)

第3神経・・・動眼神経(目を動かす神経です。目を動かす神経は6個の筋肉によって行われています。そのうちの4つの筋肉を支配しています。また、眼瞼を引き上げる上眼瞼挙筋も支配しています。毛様体筋や瞳孔括約筋などの副交換繊維も含んでいます。)

第4神経・・・滑車神経(上記6個の筋肉のうち下外方を見るための筋肉で上斜筋を支配します。)

第5神経・・・三叉神経(三叉神経は最も太い脳神経です。眼神経・下顎神経・上顎神経に分かれます。それぞれ知覚神経と運動神経を持っており、顔の皮膚感覚・鼻口の粘膜・角膜、結膜・歯髄・舌の前部2/3の知覚を支配します。また運動神経は4つの咀嚼筋を支配しています。)

第6神経・・・外転神経(外転神経は眼を動かす6つの筋肉のうちの眼を外側に動かす外側直筋を支配する運動神経です。)
ほーらごらん.bmp
第7神経・・・顔面神経(顔面神経は運動神経と知覚神経と副交感神経を含んでいます。顔を動かす表情筋は運動神経、下の前2/3の味覚を司る知覚神経、涙腺・舌下腺・顎下腺を司り、涙や唾液の分泌に関与しています。)

第8神経・・・内耳神経(内耳神経は内耳道に入って前庭神経と蝸牛神経に分岐します。前庭神経は平衡感覚や加速に対する神経です。蝸牛神経は聴覚に携わる神経です。)

第9神経・・・舌咽神経(舌咽神経は運動神経と知覚神経と副交感神経があります。運動神経は、嚥下に必要な咽頭筋を支配しています。知覚神経は舌の奥の1/3の味覚を支配しています。副交感神経は耳下腺を支配して唾液の分泌に関係しています。)

第10神経・・・迷走神経(迷走神経は運動神経と副交感神経があります。運動神経は声帯の筋肉に関係しています。声が出なくなったりした時は神経の支配が低下しています。また副交換神経骨盤内臓を除いた臓器に分布しています。

第11神経・・・舌下神経(舌下神経は運動神経であり舌の動きを支配しています。この神経が傷害されれば舌がもつれたり、話が出来なくなったりします。)

第12神経・・・副神経 の12対です。(運動神経であり、胸鎖乳突筋や僧帽筋を支配しています。)

▲神経痛用語集へ

 


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved