トップページ > 後頭神経痛の治療法 > 病院治療法(メディカル)と後頭神経痛

病院治療法(メディカル)と後頭神経痛

後頭神経痛においても、レントゲン、CTスキャン、MRIなどで腫瘍の検査が行われます。腫瘍がなければ血管による圧迫、感染症などを調べます。通常は薬物療法になりますが、大方これで効果があります。難治性の場合は、神経ブロック療法が有効です。
閃いた子供.bmp
薬物療法で効果がなく、症状が長引いた場合、外科的な治療法(血管性の痛みや頚椎の異常など)や神経ブロック療法となりますが、これは長期にわたって痛みを除去する事は可能ですが、時には合併症が起こることがあるようです。ペインクリニックなどの熟練した専門医の治療が必要です。

後頭神経痛は原因がいくつかあります。まずは外傷(怪我)ですが、事故や転倒などの急性の外傷であれば、直ぐにメディカルシェックを受けなければなりません。頭蓋骨の骨折や頭蓋内出血等の重度の問題が存在する可能性があるからです。

外傷でも気が付かないものや、そのうち忘れてしまっているものもあります。注意が必要です。
ほーらごらん.bmp
また感染症の可能性もありますので、怪我をしたリ、その他の病気をしていたりした後の後頭神経痛は感染症も考えられますので、まずメディカルチェクで血液検査やその他の検査をし、診断されれば薬物療法等が施されます。

腫瘍などの存在が認められればそちらの治療が優先されます。当然、腫瘍が痛みの原因であれば腫瘍の治療が後頭神経痛を消すことになるのですから。

頚椎の不整列によって後頭神経痛が出てくることがあります。レントゲン、MRIなどの検査で脱臼等が存在すれば整復する処置がなされます。この場合は多くは事故によって発生することが多く外傷に近いといえます。

▲後頭神経痛の治療法へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved