トップページ > 上腕神経痛 > いわゆる上腕神経痛の原因、症状、治療について

いわゆる上腕神経痛の原因、症状、治療について

上腕神経痛の原因・・・いわゆる腕の痛み、痺れを意味していると思いますが、症状の場所によって、傷害されている部位が違います。また、神経的な症状と血管圧迫によって出る症状があります。
%82%D9%81%5B%82%E7%82%B2%82%E7%82%F1.bmp
まずは神経根障害といって、頚椎の神経出口の部位での障害があります。これは脊椎症やヘルニア等が多いです。

また、腕神経叢という腕の神経が圧迫された場合に出てくる痺れや違和感があります。これは胸郭出口症候群と呼ばれています。ここで音叉等を利用して、中枢神経系の異常がないかを確かめることは、まず始めになされなければなりません。

上腕神経痛の症状・・・症状はいわゆる痺れや痛みもしくは違和感です。神経根障害の場合は、頚椎部で傷害されている神経支配域に異常が出てきます。また頚椎を圧迫すると症状が悪化するのが特徴です。
閃いた子の電気.bmp
胸郭出口症候群の場合は神経全体が鎖骨もしくは筋肉に圧迫されますので、腕全体に異常を感じるといった具合です。また筋肉による神経の圧迫は頸部、胸部、肘部、手首部に分かれています。それぞれの診断をしなければなりません。

上腕神経痛の治療・・・治療は神経根障害の場合は頚椎の調整や頸部の筋肉の緊張をほぐす、もしくはトーンの低下を回復する(神経異常を正す)等の治療がなされます。この場合、頚椎や椎間板の障害の程度によっては、治療に時間がかかります。

ヘルニア等の障害のグレードが高い場合は、手術の適用もあります。また胸郭出口症候群の場合は、圧迫部位の特定をします。頸部の前・中斜角筋部、鎖骨下腔における圧迫、小胸筋下部による圧迫なのかをアドソンテスト、ライトテスト等の整形学検査を使って確かめます。それぞれ、矯正、もしくは筋肉操作でほぼ完治します。

上腕神経痛は症候性の名前であって病名ではありません。従って原因がいくつかに分かれます。的確な診断をして早期にしかるべき治療を受けることが完治するためにも重要な事です。

▲上腕神経痛の原因、症状、治療へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved