トップページ > 坐骨神経痛の原因 > 神経根障害が原因で坐骨神経痛

神経根障害が原因で坐骨神経痛

神経根障害が原因の坐骨神経痛は、腰部の骨と骨の間から神経が出てきますが、この出口の部分で神経が何かしらの障害を受ける事により、痛みや痺れなどの神経症状が出てくるものです。神経根をいたずらする要因は、椎間板ヘルニア、骨の変形によるものなどがあります。
腰が痛い.bmp
通常は片側に症状が出て来ます。上向きで寝て足をゆっくり持ち上げると、痛みが出現する事が多いです。(片側を持ち上げるストレートレッグレイジンング、両側を持ち上げるダブルレッグレイジングがあります。)

簡単解説ほーらごらん.bmp

背骨と背骨の間には椎間板という軟骨があります。この軟骨が壊れて内容物が飛び出してくる。この飛び出してきたものによって神経がいたずらされる。これが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛の神経根障害の一つです。

その他にも、脱臼や脊椎分離症という骨折でも神経をいたずらします。これによって、背骨と背骨の間のすきまで神経がいたずらされて神経根障害がおこり坐骨神経痛の原因となります。
二の腕もりもりな子.bmp
背骨の変形によって、神経をいたずらするようにもなってきます。骨の変形は過使用や老化現象があり、骨粗鬆症の骨はもろくなって容易に神経根障害になり得ます。骨の変形で気をつけておきたいのがリウマチです。通常リウマチによる症状は両側に出てきます。

神経根障害はどれも、片方の足に症状が出てきます。知覚の異常が現れ、深部腱反射が弱くなります。自覚症状の在る部位によってどこの神経根が傷害されているのかを特定することも可能です。筋肉の萎縮などが現れてきた場合は、すぐにメディカルチェック(病院検査)が必要になります。

また、腫瘍が原因の場合がありますので、症状が長引く場合はMRIで検査することも大切です。

▲坐骨神経痛の原因へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved