トップページ > 坐骨神経痛 > 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは症候性の名前で、その原因はいくつかの項目に分類されます。
坐骨神経痛.bmp
よく耳にします坐骨神経は、腰の骨やお尻の部分から出てくる神経の繊維で、太い神経となって骨盤の中を走行し、脚に向かっていきます。腰椎(腰部の背骨)と仙椎(骨盤の中心部)から出てくる神経がまとまって坐骨神経となります。

この坐骨神経は、運動神経・知覚神経・自律神経の繊維を含んでいるので、障害時には、それぞれの神経症状が出てきます。具体的には、筋肉の痛み・感覚異常(冷え、鈍感、熱感、しびれ、他)・内臓の不調が出てきます。
坐骨神経痛.bmp
そもそも神経痛とは、抹消の神経支配域に突発的に痛みの発作が起きるものをさし示しますが、神経が障害されていることを示す徴候も、疼痛をきたす原因も認められないものを言います。とはいえ、この坐骨神経を介した痛みは、総称して坐骨神経痛と呼ばれているのが実際です。

坐骨神経痛という名前は、症状を表す病名でありますので、原因は沢山あります。そして、坐骨神経痛と呼ばれる症状には、重大な疾患が隠れていることも多いのです。自覚症状があれば、しっかりとしたメディカルチェック(病院での診断)が重要です。

坐骨神経痛の痛みは、ご自身で確認できます。上向きで寝た状態で下肢を伸ばし、ゆっくりと持ち上げてもらいましょう。すると坐骨神経が引っ張られて、痛みが再現されます。(ストレートレッグレイジングと呼ばれる整形外科検査法で、坐骨神経を牽引することで痛みを誘発します。)

簡単解説看護婦さん.bmp

先にも述べましたが、坐骨神経痛は様々な原因がありますので、まずはメディカルチェック(病院検査)を行って、腫瘍や血腫・感染・内臓の病気・脊髄の異常などの重大な原因が隠れていないことを確かめなければなりません。自覚症状はどれも似ていますので、放っておくと重大な病気を見逃してしまう恐れがあります。重大は疾患が隠れていなければ、筋肉の異常や骨格の異常を疑っていきます。

まずはメディカルチェックを怠りなくしましょう。そして、坐骨神経痛の原因を特定する事が、的確な治療を早く開始することにつながり、確実に治癒するためにも重要なのです。

▲坐骨神経痛へ


スポンサードリンク

神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguideは、神経痛で苦しんでおられる方々が、少しでも早く適切な治療を受けられるように導くためのサイトです。知識を得て 、いち早く適切な治療を受けられる事を祈っております。

 

Copyright © 2005 神経痛の大辞典!症状、原因、治療法のguide. All rights reserved